敏感肌, 敏感肌に合う美容液, 無添加美容液

敏感肌には肌に優しい無添加の美容液がおすすめ

敏感肌の人は一般的な肌質の人よりもバリア機能が弱まっていますので、刺激のある化粧品は使用できません。
しかし、シミや毛穴の開き、くすみといった肌トラブルを抱えている場合、やはり高濃度の美容液でケアを行いたいと多くの人が考えます。
高濃度の商品は美容効果が高い分、肌への働きかけも強いので負担になるのではないかと不安を感じる人も少なくないようです。

敏感肌の場合、長期保存するために含まれる防腐剤のパラベンや香りを良くする香料、見た目を左右する着色料、肌に馴染みやすくする界面活性剤などの合成成分は含まれていない方が安心です。
無添加の商品は刺激が少ないので、使用した後に赤みや痒みを感じることがありません。
また、長く使用するのにも向いており、使い続けても肌のコンディションが低下する心配がありません。

敏感肌の人は化粧品選びがとても大変で、肌トラブルを抱えていたとしてもそれを解消するための化粧品を使う際に的確な判断が必要ですが、無添加の美容液なら安全に高濃度の美容成分を取り入れることができます。
無添加の場合には一般的に肌トラブルを引き起こすリスクがとても低いのですが、肌質に合うか合わないかでも結果は違ってきますので、まずはパッチテストをして変化を確認することも大切です。

少し皮膚の強い部分で変化をチェックしてみて大丈夫だと判断したら顔に使用しても安全です。
顔の皮膚は体の中でももっとも薄い部類に入り、とてもデリケートです。

口コミ, 敏感肌, 敏感肌に合う美容液

口コミから調べる敏感肌に合う美容液

敏感肌の人は新しい化粧品を選ぶ時にとても慎重になります。

それは、肌のバリア機能が弱くて、大半の人が使用しても問題がないという商品でも負担がかかってトラブルに発展してしまう可能性もあるからです。
肌中の水分が低下すると敏感肌になりやすく、慢性化すると皮膚が薄くなって水分の蒸発が進むという悪循環に陥ります。
ですから、美容液を選ぶ時には効果の高いタイプを選ぶと有効な対策が行えます。

同じような保湿成分が含まれている商品を比較する場合、口コミをチェックすると細かな使用感が分かって便利です。
成分からだけでは分からないこともありますので、実際に使用した人の意見をチェックすることはとても重要です。

口コミでは人気のある成分も知ることができます。
セラミドはもっとも人気の高いタイプであり、保湿効果も非常に優れています。
ただし、価格が少々高めです。

他にも、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は人気の高い成分であり、様々な化粧品に含まれています。
同じ成分であっても化粧水と美容液とでは濃度に差があり、美容液には高濃度の成分が含まれているために効果が高くなります。

シミやニキビ跡といったピンポイントにケアを行いたい箇所に利用する場合、顔全体につける化粧水のようなタイプよりも気になる部分だけにつける美容液の方がよりおすすめです。
高濃度の美容成分がしっかりと浸透すれば、自宅でのケアでも肌の悩みを解消することができます。

乾燥肌, 敏感肌

肌トラブルの原因は乾燥肌!?

肌年齢や肌の状態は、水分量に大きく左右されます。
「肌の状態=水分量」と言っても過言ではありません。
肌の状態が悪い方、肌に悩みを抱えている方には、乾燥肌ケア、保湿ケアが大変重要になります。

最近は、少しのことで肌に刺激を感じる敏感肌の方も増えてきています。
敏感肌の原因も元は乾燥にあります。
乾燥は、肌表面の角質層にダメージを与えます。
角質層が乱れ、ところどころめくれたような状態になると、そこから肌に刺激が伝わっているという可能性があります。

小じわもまた、肌内部の保湿機能が衰えることに原因があります。
そして、最近増えているのが、乾燥ニキビです。
ニキビにはいくつか種類がありますが、肌の乾燥が原因として発生するのが乾燥ニキビです。
ニキビの原因は、毛穴の皮脂で毛穴がつまってしまうことですが、
乾燥した肌の角質は硬くなって毛穴が細くなり、少しの皮脂で詰まってしまうのが乾燥ニキビです。

このように、乾燥肌対策は肌トラブルを避け美しい肌をつくるのに必須です。
食生活を始めとする生活習慣を正すのと同時に、乾燥肌・敏感肌のための化粧品で、
スキンケアを行うことも大切となります。

乾燥肌・敏感肌の食生活

乾燥肌・敏感肌に正しい食生活は大切

乾燥肌・敏感肌にとって最も大切なことの1つはターンオーバーが正常に行われることです。
肌を守ってくれる、肌に潤いを与えてくれる細胞間脂質であるセラミドは、
ターンオーバーの過程で生成されます。

そのためには、正しい食生活をおくることも大切です。
まず、肌のターンオーバーを乱すと言われているのが、タンパク質の不足です。
良質なタンパク質を毎日きちんと摂ることが重要です。

特に、夜寝ている間に、細胞が作られることを考えれば、
夕食に、質の良いたんぱく質を食べることが大切です。
また、タンパク質が効果的に働くのを補助してくれるビタミン類も併せて摂りましょう。

乾燥肌・敏感肌のための栄養素, 乾燥肌・敏感肌の食生活

乾燥肌・敏感肌のための栄養素

乾燥肌・敏感肌のために正しい食生活が大切であることはすでに述べたとおりですが、
積極的の摂るべき栄養素についても考えてみましょう。

美しい肌にとって、ミネラルとビタミンが重要であることがいうまでもありません。
しかし、ビタミンもミネラルも体内で生成することができません。
食事でしっかりと摂ることが重要です。

重要なミネラルは、鉄分や亜鉛、カルシウムなどですが、
中でも、亜鉛は皮膚の形成に関わっています。
美しい肌を作るのには欠かせないミネラルです。

乾燥肌・敏感肌対策として、大切なビタミンには、
ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEが挙げられます。
中でもビタミンCは、乾燥肌対策に欠かせない栄養素です。
大人の場合、1日に必要なビタミンc量は100mgと言われています。
ビタミンCを多く含む食品としては、ピーマン、いちご、アセロラ、レモンなどが挙げられます。
また、ビタミンAも不足すると乾燥肌を引き起こす原因となります。
ビタミンAはうなぎ、レバー、チーズ、にんじんに多く含まれます。
意識してしっかりと摂取したいものです。

洗顔

乾燥肌の洗顔

肌が乾燥している場合、敏感肌の傾向がある場合は、
日々のスキンケアの方法を間違わないことが大切です。
毎日行うスキンケアは、ともすると肌をいためる事にもなりかねません。

洗顔は、スキンケアにおいて大変重要なものですが、
乾燥肌において、注意するべきものの1つでもあります。

肌の水分保持は、細胞間脂質やNMFと言われる天然保湿因子が担っていますが、
洗顔によって、多少なりともこれらが流出してしまうことはありえるのです。

美肌は夜作られるというくらいに、肌を守ってくれる肌成分は眠っている間に作られ、
失われた部分を修復してくれます。

朝は、それらを損なわないよう、乾燥がひどい場合は、洗顔料を使わず、
ぬるま湯で洗い流すくらいにとどめた方がいいでしょう。
くれぐれも熱いお湯を使わないようにしましょう。
乾燥が一層進んでしまいます。

洗顔において最も大切なことは、摩擦によって肌にダメージを与えないことです。
とにかく優しく行うことが大切です。

泡は十分泡立て、泡で洗うことが基本です。
洗顔はなるべく短時間で済ませ、こすりすぎ、洗いすぎは避けるように心がけましょう。

化粧水

乾燥肌のクレンジング

毎日のスキンケアの中で、乾燥肌・敏感肌の方にとって最も注意が必要なのがクレンジングです。

クレンジングは、肌摩擦がおこりがちです。
この肌摩擦こそ、乾燥肌、敏感肌には大敵です。
肌に摩擦が起こると、角質層を傷つけてしまい、肌を守ってくれる角質層にダメージを与えてしまいます。
そういったダメージを回避するため、
できる限りこすらずに落とすクレンジング方法に注意を払いましょう。

その1つは、こすらずに落とせるクレンジング剤を使用することです。
炭酸泡洗顔料といった炭酸化粧品は、炭酸の力で洗顔を促進してくれますので、
刺激がより少なくすみます。
炭酸泡洗顔料には、優しくウォータープルーフのコスメを落とせる人気の商品もあります。

クレンジングは短時間で済ませることも大切です。
そのため、自分のメイクに合ったクレンジング剤とクレンジング方法をしっかりと考えましょう。
肌のポイントによって、クレンジング料を使い分けたり、
メイクアップの製品を考えたりすることも大切となるでしょう。

乾燥肌, 乾燥肌のスキンケア

秋の肌乾燥

秋になると、なんだか肌の調子が悪いと感じることありませんか?
秋が来る前、夏というのは肌にとって大変過酷な季節です。
激しい紫外線を浴び、肌にダメージを与える塩分を含んだ汗もかきます。
汗をかいたあと、汗の蒸発は肌から潤いを奪います。

それでも、夏の間は汗をかいているため、肌が乾燥していることにきづきません。
しかし、秋になると空気が乾燥し、肌の乾燥もすすんでしまいます。

秋は、夏の間の肌の疲れを癒すべく、しっかりとスキンケアを行いましょう。

もし、普段から決まったコスメ用品を使っているのでしたら、
ぜひ、一度コスメカウンターで肌の水分量を測ってみましょう。
最近は、個人用の水分測定装置もあります。
少し思い切って、そのようなツールを買って、自宅で毎日測ってみるのもいいでしょう。

潤いを与えるスキンケア、まずは化粧水でしっかり保湿しましょう。
高価な化粧水を買わなくても大丈夫です。
たっぷり、たっぷりと使うことが大切です。

まずはしっかりと肌に水分を与えること。
そして、そのあとは美容液でしっかりと潤いをキープしましょう。